フルチタンエキゾーストマニホールド

←Back

フルチタンエキゾーストマニホールドです。

今更ですが、機械曲げのパイプを使わず手曲げに拘りました(書けませんが理由あり)

従来からあるチタンパイプではなく、耐熱性に優れるチタン合金パイプを使って製作になります。

耐熱性に優れるパイプを使う事で温度的に厳しいレイアウトの車種、

温度的に厳しく耐久性的に厳しい部位を製作可能となりました。

 

基本的にパイプは手曲げにて行いますが、レイアウト上や

手曲げでは無理なRがある部位は、アングルカット(輪切り)での製作となります。

 

現状冶具無で製作出来る車種は、ホンダB系※1(16A※2、※3、16B、18C)とFD2、AP1.2のみですが

エキマニをお貸し頂ければ、他車種での製作も可能です(NAのみ)※3

※1:エアコン装着車両は製作不可。

※2:B16A用に関しては、触媒との接続が16B、18Cサイズになりますので触媒側で改造等が必要。

※3:EF用は製作不可。

※4:パイプサイズが限定されますので、近いサイズでの製作のみとなります。

 

価格に関しては、ご希望するパイプサイズ、仕様等で変わってきますので決める事が出来ません。

詳しい価格は書くことが出来ませんが、大体4気筒エンジンの車で

材料代のみで¥100,000オーバーします。これに製作費(製作日数5日〜)となります。

下記は冶具が有るものでの製作例です。冶具が無い車種は別途冶具代が掛かります。

 

注記:

発色は手曲げの製作過程で出る物です。

実際に車両に装着して使用した場合、色が変化しますのでご了承ください。

 

製作参考例

ホンダCR−X(EF8)

ナンバー無車両の為、触媒レスでフランジ無で差し込み接続。

総重量2.1キロ

注記:通常仕様でのEF系での製作は行っておりません(パイプの加工R上の問題で純正フロントサブフレームと干渉する為)

 

ホンダシビック(FD2)

4−2部のみ。

総重量1.63キロ